蛇口は修理と交換どちらが水漏れ対策でおすすめ

水漏れのトラブルの中でも多いのが、蛇口からチロチロ水が流れている事例です。自分でできる場合もありますが、自信がなければ業者にお願いするのがおすすめです。蛇口の水漏れの場合は、修理するか蛇口 交換をするかという選択肢があります。状況によってどちらを選択したほうがいいか異なるので、理解しておきましょう。

■蛇口には寿命がある

私たちが普段何気なく使っている蛇口ですが、実はいずれは寿命を迎えるアイテムです。もちろん使用頻度によって変わってくるので、一律でこうとは言えないものの、最近一般家庭で用いられることの多いレバー式であれば、おおよそ10年程度とされています。実際業者に持ち込まれる蛇口の水漏れ修理の案件で、10年くらい前に取り付けたと答えるお客さんが多いです。
メーカーでは部品を生産していますが、おおよそ10年をめどに部品の生産も終了することが多いです。つまり修理をしたくても肝心の部品がもうないということもあり得ます。

■交換したほうが手間暇を削減できる可能性がある

蛇口は修理するよりも、いっそのこと新しいものに交換してしまったほうがかえってコストがかからずお得なケースもあります。部品が古くてなかなか見つからないといったことも起こりうるからです。10年近くになっていれば、部品を新しいものにしても別のところで不具合が起きて、水漏れが発生するリスクが残ります。部品がなかなか見つからないようであれば、修理と交換の費用もあまり変わらないという事態も起こりえます。ある程度の期間使用した蛇口から水漏れが発生しているようであれば、蛇口 交換も視野に入れて検討しましょう。


■まとめ
蛇口で水漏れが発生している場合、修理すべきか交換すべきかで迷う人も出てきます。寿命が近づいているのであれば、全体を新しいものと交換してしまったほうがいい場合も見られます。業者に相談して、アドバイスを受けながら最終的に判断しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ