トイレの水漏れの修理と交換

トイレの水漏れで専門業者に作業依頼するという人は少なからず見られます。毎日何度も使っているため、水漏れなどの不具合が発生すると困りものです。まずは業者を呼んで何が原因かを見つけてもらいましょう。その上でどのような修理をするか、費用はどの程度かかるか詳しい説明を受けることです。場合によってはトイレの交換が必要なケースも出てきます。

■寿命が近づいているのであれば交換も視野に

トイレが水漏れしているのであれば、まずは修理を考えます。全体を交換するのと比較すれば、安い費用で症状を改善できるのがメリットです。ただしもし便器そのものが寿命に近づいているようであれば、修理をしてもまた水漏れが起きる、あるいは別の箇所で異なる不具合が発生することもあり得ます。
特に水漏れの場合、そのまま放置していると床が腐ってしまって、結局大規模リフォームでまとまった費用が必要になることもあります。10年くらいが便器の寿命といわれていますから、このタイミングで交換するのも一つの方法です。


■交換することで節水効果も期待

トイレの交換をするとなると、かなり費用が掛かるので躊躇してしまうという人もいるでしょう。しかし長期的なスパンで考えると、むしろお得な場合があります。たとえば10年くらい前の便器の場合、洗浄するために13リットルほどの水を使っていました。一方最新のモデルを見てみると、3から5リットルくらいしか水を使用しません。10リットル前後も使用する水量が変わってくれば、年間の水道料金は大きく節約できるはずです。



■まとめ
トイレの水漏れは毎日使用するところのため、速やかに修理することが求められます。その際に修理だけでなく、交換も視野に入れてどうするか検討することはおすすめです。まずは専門業者の方に見てもらって、どのようにするのがベストな選択肢かプロからの助言を参考にして、最終的な判断を下しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ