水道の水漏れの修理をする前に

水道から水漏れが起きた場合、とりあえずどうにかしなければならないと考えるでしょう。ただし自分で行う場合でも業者にお願いする場合でも、水道 修理の前にやっておくべきことがいくつかあります。水漏れが起きた際には、まず以下で紹介することから始めましょう。

■まずは止水栓を止めるところから

もし水道で水漏れが発生しているのであれば、止水栓を止めることが大事です。そうすれば、とりあえず家の水流をストップできるからです。このため水漏れがそれ以上悪化することはとりあえず止められます。もし止水栓を閉め忘れた状態で作業をした場合、水がどんどんあふれ出してしまって状況がさらに悪化する恐れも出てきます。住宅によって若干異なるかもしれませんが、たいていは水道のメーターボックスの中にバルブが用意されているはずです。マンションなどの集合住宅の場合、早急に管理会社に相談しましょう。


■キッチンの水漏れの場合は

キッチンの蛇口で水漏れが発生しているのであれば、シンク下のレバーを回すのも一考です。シンク下の配管部分をチェックしてみてください。レバーが搭載されているはずです。住宅によってはレバーではなくハンドルになっているものもあるでしょうが、右に回すことで部分的に水を止めることが可能です。この場合、上で紹介したような止水栓を閉めて家全体の水の流れを止める必要はないです。レバーなどがついていない場合には、止水栓を閉めて作業に当たることです。



■まとめ
水漏れが発生した場合、どうすればいいかパニックになってしまう人もいるでしょう。しかしまず、とりあえず水を止めるという2つの工程を押さえることが大事です。その上で自分で修理するか、もしくは専門業者を呼んで修理依頼する形になります。素人が下手にいじってしまうと、かえって状況が悪化することもあります。自信がなければ、業者にお願いしたほうが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ