給湯器の水漏れの原因と修理

特に冬場に大活躍する給湯器がもし故障すると、お湯が出なくなってしまい大変不便になります。特にトラブルで多いのが水漏れです。給湯器の水漏れがなぜ起きるのか、修理するにはどうすればいいかについて紹介します。放置していると重大な事故に発展する可能性もあるので注意が必要です。

■多いのはゴムの経年劣化

給湯器の水漏れで多いのは、内部のゴムの劣化です。ゴムは年数が経過すると徐々に弾力が失われ、硬くなってしまいます。その結果しっかり密着できなくなり、隙間が発生してそこから水が漏れ出てしまうわけです。修理する場合、劣化した部品を新しいものに交換します。しかし本体を分解する必要があります。
そのほかには内部の銅管がさびついてしまって損傷を起こしたことが原因で、水漏れが発生することも考えられます。パイプそのものを交換することになれば、費用もかさみます。


■水漏れの放置の危険性

もし給湯器から水漏れが発生しているのなら、速やかに業者に問い合わせることです。中には別にお湯も出るしそのままでもいいのではないかと考える人もいるようです。しかし放置していると、一酸化炭素の発生する危険性があるので注意です。また電気系統に近いところでトラブルが発生していると、ショートを起こす危険性も出てきます。すると発火して、ほかの可燃性のものに燃え移って火事になる危険性も出てきます。たかが水漏れと考えるのではなく、事故の芽を摘むためにも速やかに適切な対応をすることが大事です。


■まとめ
給湯器は複雑な構造をしていて、素人が下手にいじるのは危険です。修理業者に作業を依頼するのがベストです。給湯器は一般的に10年から15年も使い続けると、寿命が近づいてきます。もしこの寿命に差し掛かっている、すでに経過しているのであれば、修理だけでなく給湯器 交換も検討するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ